リサイクル VS 廃棄処分!どちらがお得?:ピアノ

ピアノ売る

何らかの理由で、もう使わなくなったピアノを、リサイクルに出すか、廃棄処分してしまうか、どちらにするか迷うという人も多いでしょう。処分にかかる料金はどちらがお得でしょうか。ピアノは高額を出して買った物です。調律などのお金もかかったでしょう。その廃棄処分にもお金がかかります。

 

傷がたくさんついているなど状態が悪くてリサイクルすることができないという場合は、その料金を払って廃棄処分してもらうしかありません。インターネット上にあるサイトなどを参考にして、良い業者に廃棄処分してもらいましょう。いくつかの業者を比較して、どの業者にするか決めてください。出張買取してくれるかどうかなどを確認しましょう。レビュー、口コミも参考にしましょう。きれいな状態の場合は、リサイクルすることができます。リサイクルすればそれなりの金額で買い取ってもらうことができます。汚れている場合は、傷をつけないように柔らかい布でほこりを落としたり、手垢を拭き取ったりして、きれいにしましょう。また、付属品を確認しましょう。

 

トップカバーや鍵盤カバーがあれば高く買い取ってもらえます。 調律のデータがまとめられた書類、保証書、それから説明書なども大切です。例えばゲーム機を買い取ってもらう場合、本体だけでは高く買い取ってもらえません。コントローラー、コード、それらを収める箱があれば高く買い取ってもらえます。ピアノもゲーム機と同じです。いくらくらいで買い取ってもらえるか、いくつかの業者に見積もってもらいましょう。見積もりは業者によってかなりの差があります。インターネット上にあるピアノ買い取りの一括査定サイトなどを活用して、良い業者を見つけてください。色々な思い出がいっぱい詰まったピアノを捨てて廃棄処分してしまうより、リサイクルに出して誰かに使ってもらいたいという人も多いでしょう。そういう人はリサイクルすることができないか調べてみましょう。

ピアノを買取に出す時のポイント

ピアノ売る

ピアノを買取りに出す場合には、どうせならできれば少しでも高く買取ってもらいたいと考えるのが一般的です。そのためにはいくつかのポイントをおさえる必要があります。まずはできる範囲でかまいませんので、きれいに掃除をしておくということです。やはり手入れされているピアノは印象もよくなりますので、ほこりをとったり乾いた布などでやさしく拭くなどしておきましょう。

 

次にできたら付属品はそろえておきます。古いピアノなどでもう書類などは残っていないということも多いでしょうが、鍵盤の上の布やイスなどはあったほうがよいでしょう。必ずしもなければ評価が下がるということではありませんが、あればより良いですので探しておきましょう。最後にピアノ買取りに出すときに一番重要なのは、買取業者をきちんと選ぶということです。はじめから一社に買取りを申し込むのではなく、できれば多くの業者に査定してもらい見積もりを出してもらうことが重要です。以外にもピアノ買取ろはその業者によってけっこう値段が変わってきます。またいくつかの業者に依頼することで自分の家のピアノの相場というものもわかってきます。いくつか種類もありますし、人気の度合いも違っています。

 

そうしたことは一般ではわかりませんので、数社に査定を出してもらうことで判断できるようになります。ですので初めから一社に申し込んで終わりにするのではなく、一括査定などを利用して何社に買取価格を提示してもらいましょう。そのうえで一番高値を付けてくれた条件のよい業者に買取りを依頼すればいいのです。ピアノの買い取りなんて面倒だと感じる人も多いかもしれませんが、申し込みさえすれば後は引き取りや配送などお任せすることができますので、実際にどの業者に依頼するかが一番大切になってきます。ですので、ピアノを買い取りに出すときには、掃除や付属品とともにその買い取り先を選ぶことに重点を置くことが大切になります

知っておきたい!中古ピアノを購入する際の注意ポイント

ピアノ売る

ピアノを購入する際には、中古で買うという選択肢もあります。ですが新品での購入とは違い注意すべき点も色々とあるため、十分に把握してから店頭へ向かうようにしましょう。その注意すべきこととは、まず販売店が本当に信頼できるところであるかどうかということです。店舗によってはもうまともに弾けないピアノを、外見だけキレイにして売りに出している場合があります。購入時にそのピアノを触らせてもらえなかったり、中を見せてもらえないようであれば警戒しましょう。信頼できる店舗であれば、調律師や技術者がちゃんと常勤しています。あえて難しい質問を店舗スタッフにしてみて、ハッキリと答えが返ってくるか試してみるのもいいでしょう。

 

ピアノ本体には、製造番号や機種名が必ず記載されています。中古での購入時には、こちらにも目を向けてみてください。例えば製造番号が見当たらなかったり塗りつぶされているものは、出所の分からない粗悪なピアノである可能性があります。それから機種名が分かれば大体の販売開始時期も分かるため、古いものなのか新しいものなのかの判断材料にもなります。そこから価格と照らし合わせて、お値打ちかどうか決めるのもいいでしょう。

 

一番重要なのは、音を出してみることです。高音から低音までザッと鍵盤をなぞってみて、違和感がないか確かめましょう。劣化したピアノであれば、音楽経験がない人でも明らかに変な音が鳴ります。こういうものは中の弦やハンマーが傷んでいる悪いピアノですから、どれだけ見た目がキレイで安くても手を出さない方が賢明です。ほとんどの店舗では間違いなく購入前に鍵盤を触らせてもらうくらいはできるので、遠慮せず申し出てみましょう。逆に頑なに断られるようなら、別の店舗を探すべきです。以上のような注意点を守れば、安心して中古ピアノを購入できるでしょう。大事なのは見た目に騙されないことです。店舗の対応力や試し弾きによる音質を重視して、失敗のない買い物をしてください。

ピアノ売る!高く買取って貰う方法とは

ピアノ売る

ピアノを高く買い取ってもらう方法としては三つのことが挙げられます。まず一つ目に複数の買い取り業者に査定を依頼するということが挙げられます。少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、買い取り業者を一つに絞るのはよくありません。複数の業者に査定を依頼し、比較検討することが大切です。査定方法は同じだからどの業者も同じだと思っている人は多いでしょう。しかし買い取り業者によっても得意分野やニーズが異なる場合があります。グランドピアノを欲しいと思っている業者や、アップライトピアノが欲しいと思っている業者もいます。自分が売る種類と業者の欲しいものが異なれば、査定額も大きく変わるでしょう。

 

二つ目には査定の前にピアノのクリーニングをするということです。クリーニングといっても専門業者に頼むのではなく、自宅でできる範囲で十分対応できます。弾いていない時間が長く、長期間放置されていた場合と、日ごろからきれいにしていた場合では、ピアノの状態は異なります。蓋を閉めて鍵盤にほこりが落ちないようにし、外部を磨いた後に鍵盤もしっかりときれいにしましょう。クリーニングに使うものはピアノ専用のものを使いましょう。ピアノは外側も鍵盤もデリケートなものです。用途と異なる家庭用洗剤を使用してしまうと、傷や故障の原因につながります。利用する布やほこりをとるハケも、専用のものを用意しましょう。
最後に付属品がそろっているかどうか確認しましょう。査定は本体だけでなく付属品がすべてそろっていることも、査定額に影響を与えることがあります。洋室でフローリングやじゅうたんの上に置く場合には、脚の部分に専用のインシュレーターを使用することがほとんどです。また和室の場合には、敷板を使用します。その他にも、後から購入して使用していたものがあれば、一緒に査定をしてもらうとよいでしょう。基本的についていたものは、全てそろっていた方が望ましいでしょう。