オウサマペンギンだけどちゃずき

探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

信頼のできなくなったパートナーとこの先の長い時間を一緒に過ごすことは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば別れさせることも難しくはありません。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。

ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

探偵に浮気の調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。

探偵のアルバイト情報を調べれば、募集がかかっていることを知るでしょう。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もたくさんあるわけです。

浮気調査をさせようとするときには、個人情報を伝えなければいけません。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても別れたくなければ浮気現場を押さえようとすることはやめるべきです。

パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、夫婦関係が修復不可能になることもありえます。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

実際の浮気調査では、何人の調査員が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査員が1人で浮気をしているかの確認を調査をすることがよくあります。

浮気が現実であると判明したら、再度相談をして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言ってもいいかもしれません。

共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような似たような仕事をしています。

でも、どちらかを選ぶとしたら企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の同席者の人数が記載されている可能性があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに点検するようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と過ごしていたと見られることがあるのです。

探偵が何もミスをしなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、証拠を残さないようにし始めたりして、証拠が揃わないこともあります。

探偵に依頼したからといって、100%成功することはあり得ないのです。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、調査する前にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってひどい状況に陥るのは、小説やドラマでしばしば目にします。

妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。

情事の現場へ乗り込むのも選択肢の一つです。

離婚になってもいいと思う場合は、問題ないかもしれません。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実際にやってみるとそう簡単ではなく、変に思われず相手を見張り続けるというのは楽なことではないといえます。

気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です