大石昌良がアフリカゾウ

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。

マカナサプリはそんなに人気なの?
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です