ノーフォーク・テリアのCooper

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。
雲のやすらぎプレミアムってよく売れているみたいですね?

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です