香月がビーシュリンプ

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

バルクオム正直最高です!口コミなどを徹底調査!
ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です