チノちゃんが梅

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
ホワイピュア!美白効果は?口コミと評判!

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。

障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です