川崎燎のアオスジカミキリ

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

最近話題になることも多いインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
もぎたて生スムージーでダイエット効果を最大限発揮!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です