船津と竹原

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
ゴリラ脱毛人気ですね!ネットで話題のゴリラ脱毛ここしかない!

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です