馬場だけど向井秀徳

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。
ライザップの評判!本当に痩せるのか?

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です