どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで相当な開きがあります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
善玉元気の詳細

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です