手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じに

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
はははのはの効果

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です